テーマ:原発

ボタンかけ違えた 原発再稼働

◇ 曖昧な政府の原発政策 = 首相官邸前に集まった小人数の原発反対デモ。それから4か月で人数は1万人を超える規模に膨れ上がり、毎週金曜日には国会を取り巻いている。デモに参加した人たちが原発の危険性を重視し、脱原発に賛成していることは確かだ。しかし具体的な考え方には、大きな差異があることも事実だろう。 たとえば原発は1基たりとも稼働…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢一郎氏の 最大の欠落点

◇ 国民は勉強してしまった = 「消費税は上げない」「原発は再稼働しない」――48人の同志とともに民主党を飛び出して“国民の生活が第一”党を立ち上げた小沢一郎氏の政策綱領である。税金は上がらない方がいい。原発はない方がいい。大変に結構で、文句の付けようがない政策だ。それなのに評判は上がらない。世論調査では、小沢新党に「期待しない」が80…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学生でも書ける 経産省の原発稼働計画 (下)

◇ 安全性が軽視されている = 2030年の原発比率を何パーセントにすべきか、という発想は全く間違っている。その大前提として、まず今後は新しい原発を造るのか造らないのか。運転時間が40年を超えた原発は、原則として廃棄するのかどうかを決めてから考えるべきだろう。 いま日本には50基の原発がある。このうち運転時間がすでに40年を超えた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学生でも書ける 経産省の原発稼働計画 (上)

◇ お粗末な審議会の結論 = 野田首相は先週8日夜の記者会見で、ようやく大飯原発の再稼働を決断したと国民に表明した。会見のなかで同首相は、中長期的なエネルギー基本計画は8月をメドにまとめるとも述べている。本来ならばエネルギー計画が先に出来て、その線に沿って再稼働が実行されなければおかしい。だが夏に向けて時間がなかったために、順序が逆にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日と日経の間 / 原発政策の王道

◇ ビジョンに欠ける現在の議論 = 大飯原発の再稼働をめぐって、議論が沸騰している。だが議論は噛み合わない。「原発は必要だ」という賛成論と「原発は安全でない」という反対論。いずれも白か黒かの主張で、折り合う余裕を持っていないからだ。その典型が、原発の稼働がすべてストップした5月5日の朝、日経と朝日に載った社説(いずれも東京版)だろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

順番がちがうよ ! : 野田さんの政策

◇ 支持率を下げる原因 = 物事には順序というものがある。食事の前に手を洗う。みんなが欲しがる物を手に入れるためには、行列して順番を待つ。道路を横断するときは、右を見てから左を見る。こうした常識を破ると、ときには命取りにもなりかねない。野田さんのやり方を見ていると、この常識に欠けるところが目に付く。だから、いいことを言っても支持率を下げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2つの欠落点 : 原発再稼働

◇ またもや説明不足・ビジョンなし = 政府が原発の再稼働に向けて動き出した。まず関西電力の大飯3-4号機(福井県)に対して安全宣言、地元の説得に乗り出す。だが再稼働が必要な理由については「夏の電力不足」を掲げる程度。これだと「節電すればいい」 といった反対論も出て、あまり説得力がない。もう少し大所高所からの説明が必要だろう。 い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3度目の 100ドルへ / 原油価格

◇ 大きい日本への悪影響 = 原油の国際価格がまたまた100ドル台に乗せようとしている。ニューヨーク市場のWTI(ウエストテキサス・インターメディエート)先物価格は先週末、1バレル=98ドル99セントに上昇した。今週中にも100ドルを超える可能性は高い。仮に超えれば史上3度目の100ドル台ということになるが、日本経済に及ぼす悪影響はかつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

閣議を テレビ中継せよ

◇ 機能不全の状態に = 閣議は総理大臣以下の全閣僚が集まり、重要な案件を決定したり承認する会議。毎週火曜日と金曜日の午前中、官邸の閣議室か国会内の閣議室で開かれる。情報の交換や閣内の意思統一も、その機能の一環だ。ところが最近は、機能不全の状態に陥っているようにみえてならない。 たとえば原子力発電所の再稼働問題。海江田経済産業相が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発の再開要請は 拙速の見本だ!

◇ 1基ずつの安全証明を = 海江田経済産業相は「全国の原子力発電所について安全対策が完了した」と発表、定期検査が終わった原発の再稼働を地元に要請する意向を表明した。菅首相もこれに同調し「安全性が確認された原発は稼働して行く」と述べている。しかし政府のこの姿勢は、全く拙速の見本。これでは地元や国民の理解を得ることは難しい。 定期検…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週のポイント

日米の株式市場には、変調モードが流れ始めた。その原因は「上げすぎの訂正」といった単純なものではなく、かなり複雑な要素が積み重なっているように思われる。ダウ平均は先週43ドルの値下がり。先々週に続いての下落となった。要因の1つはギリシャの財政不安が再燃したこと。これでドルの対ユーロ相場が上昇、このため国際商品相場が一斉に反落した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中途半端な 浜岡原発の停止 (下)

◇ 病院・学校などの対策は? = 疑問に思う点はまだある。菅首相が言うように東海地震の可能性が「きわめて切迫している」とすれば、原発の停止だけでコトは足りるのだろうか。病院や学校あるいは鉄道や道路などの補強工事を急ぐよう、政府として強い指示を出さなくてよいものか。 また他の原発については、どうなのだろう。確率的に東海地震の危険性が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中途半端な 浜岡原発の停止 (上)

◇ 大地震の可能性が大きい = 菅首相は6日夜の緊急記者会見で、中部電力に対して「浜岡原子力発電所のすべての原子炉の運転を停止するよう要請した」と発表した。中部電力はこの要請を受け入れ、早急に原発の運転を全面停止する。菅首相の「浜岡が福島のような大事故を起こしたら一大事」という心配は理解できるが、決定はいかにも唐突で中途半端な感じを否め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週のポイント

大震災の直後に、外国人投資家は日本の株式を大量に買っていた。財務省の発表によると、3月13-19日の1週間に、外国人投資家は日本の株式を8932億円も買い越している。海外に比べて出遅れ気味だった日本の株価が震災でさらに下げたのを見て、年金ファンドなどが買ったらしい。この動きは先週も続いたようで、週末の日経平均は震災後の高値となった。週間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復興財源は、みんなで負担するしかない (中)

◇ 必要な財源は30兆円-50兆円? = 地震・津波による直接的は被害の総額は16兆円-25兆円。その復旧費は10兆円ー20兆円に達するかもしれない。そのうえ原発事故が惹き起した被害がある。住民の避難にかかわる費用、農水産物に対する補償。さらには計画停電による経済的な損失。しかも事故の影響が長引けば長引くほど、こちらの被害額は増大して行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週のポイント

日経平均株価は先週、329円値上がりした。先々週の大幅安を3割強とり戻し、一応は下げ止まったように見受けられる。先々週は1048円も下げたが、そのなかで目立ったのが外国人投資家の買い姿勢。東証の集計によると、14-18日の一週間で外国人は9552億円の買い越し。その一方で国内の個人投資家は1998億円の売り越しだった。 先々週の大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more