テーマ:復興

復旧予算から 復興予算へ (下)

◇ 切れ目なしに実行できるか = 政府・民主党は第3次補正予算を秋の臨時国会で成立させようと考えている。だが、その過程には問題が山積。もし成立が遅れれば被災地の復興が進まないだけではなく、景気にも大きな悪影響があるだろう。秋ごろには復旧需要が薄れ、財政支出に切れ目が生じると日本経済は需要不足に陥る可能性が大きいからだ。 まず被災地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復旧予算から 復興予算へ (上)

◇ 総額23兆円、増税10兆円? = 災害復旧のための第2次補正予算が25日に成立、ただちに復興のための第3次補正予算の編成作業が始まった。第2次補正予算は総額が1兆9988億円。除染や補償など原発事故に対応する経費2754億円と二重ローン対策費774億円のほか、被災者の生活再建支援3000億円が中心になっている。財源は10年度の決算剰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1万円台を回復した 日経平均

◇ 海外マネーの流入が続く = 日経平均株価は2日、大幅に上昇して1万円台を回復した。大震災が発生した3月11日以来の大台回復で、平均株価は震災後の値下がり分を取り戻したことになる。この間の値上がりは建設、機械、電機、資源・エネルギー部門で大きく、日経新聞の調査によると全銘柄のうちの3割が震災直前の水準を上回った。 大震災が日本経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復旧予算は4兆円 : 次は復興予算へ

◇ 道路・港湾・下水道に8235億円 = 東日本大震災の復旧費を盛り込んだ11年度の第1次補正予算案がまとまった。支出総額は4兆0153億円。政府は28日に国会提出、5月2日の成立を目指している。財源を確保するため、基礎年金の国庫負担財源から2兆5000億円近くを流用。野党はこれに反対しているが、この非常事態の下では成立を遅らせるわけに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週のポイント

アメリカでは1-3月期の企業決算が続々と発表されているが、その結果はおおむね好調。主要企業の最終利益は12%の増益になる見込み。先週もインテルやアップルが過去最高の売り上げ、デュポンも27%増益の好決算を発表した。このためダウ平均も週間で164ドル値上がりし、2年10か月ぶりの高値を回復している。 日経平均も週間91円の値上がりだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教えて! ②ピーク時以外の節電も必要か?

◇ 過度の節電は景気を悪くする = 夏の電力不足に備えて、政府は大口需要家に対する使用制限令を発動することになった。民間企業も夏休みの延長や輪番操業など、対策に頭をひねっている。東京電力によると、夏の供給能力は最大5200万キロワット。これに対して、需要見込みは5500万キロワット-6000万キロワットだという。 電力の消費が夏に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いまこそ 復興マニフェストを (下)

◇ 政治家は何を負担するのか = 国会議員が個人的にいろいろな考え方を持つことは当然だろう。だが意見を言い合って議論をするのはいいが、それで政党としてのマニフェストが作成できないのでは困る。基本的な考え方がまとまらないと、復興計画の遂行が遅れてしまうからだ。政党としての考え方が決まれば、一致点はすぐに実行できる。そこから妥協点も見つけ出…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

いまこそ 復興マニフェストを (上)

◇ 基本的な考え方を明確に = 震災の復興対策についての基本的な考え方が、少しずつ固まってきた。政府はまず総額4兆円程度の第1次補正予算を早急に組み、災害地の復旧に充てる。そのあと6月をメドに第2次補正予算を成立させて、本格的な復興事業を開始する方針。並行して検討を開始した復興構想会議では、財源についての具体的な試案も提起されている。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

学校・病院を 高度な防災拠点に

◇ 菅首相の“復興構想”に欠けた視点 = 菅首相は11年度予算が成立したあとの記者会見で「復興構想会議」を11日までに立ち上げると表明した。このなかで震災地の復旧は「世界のモデルになるような新しい街づくり」を目指すと強調。具体的には①山を削って高地に住宅地②バイオ燃料による地域暖房完備のエコタウン③福祉都市――の構想を掲げている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復興財源は、みんなで負担するしかない (下)

◇ 政治家や官僚も負担を = 国民が背負う新たな負担は、判りやすいことが必要だ。たとえば増税は、消費税を3%引き上げて8%にしたらどうだろう。ただし考え方としては3%分を「復興税」と名付けて消費税から切り離し、2年間の臨時措置とする。いま日本の国民は、その程度の負担なら我慢しなければと考えていると思う。 ただ国民の多くが復興財源を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復興財源は、みんなで負担するしかない (中)

◇ 必要な財源は30兆円-50兆円? = 地震・津波による直接的は被害の総額は16兆円-25兆円。その復旧費は10兆円ー20兆円に達するかもしれない。そのうえ原発事故が惹き起した被害がある。住民の避難にかかわる費用、農水産物に対する補償。さらには計画停電による経済的な損失。しかも事故の影響が長引けば長引くほど、こちらの被害額は増大して行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復興財源は、みんなで負担するしかない (上)

◇ 被害総額は16-25兆円 = 大災害の悲惨な状況を目のあたりにして、いま国民の間では「自分でも何か支援できることはないか」「被災者のことを思えば、このくらいのことは我慢を」という気持ちが高まっている。若い人たちにもこういう気持ちが広まっていることは、きわめて心強い。日本の社会・経済を復興させる最大の原動力は、こうした国民の緊張感と結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅総理は私欲を捨てて 復興計画を作れ

◇ 与野党で国家復興本部を = 菅首相はヘリで被災地を視察する予定だったが、雨で取りやめたという。この報道を聞いて、まったくがっかりした。もうパフォーマンスは結構だ。そんなことよりは、日本の将来をどう再構築するのか。その計画立案に全精力を注いでもらいたい。この最重要問題について、国民はあなたの考え方をまだ何も聞いていない。 192…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more