テーマ:投機資金

国債はバブル状態 : 恐ろしい崩壊

◇ 1年ものは13倍超える応札 = 日本の国債に投機資金が殺到している。このため国債の価格が上昇、利回りは急低下した。10年もの国債の利回りは先週、0.815%にまで低下。リーマン・ショック後の水準を下回って、9年ぶりの低さとなった。1年もの国庫短期証券は2兆5000億円の発行に対して、応札が33兆円に達したほど。だが人気があって結構と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

G20会議の 真のねらい

◇ ヘッジファンドを窒息させろ = パリで14-15日に開いたG20(主要20か国)財務相・中央銀行総裁会議は、EFSF(欧州金融安定基金)の強化や銀行の資本増強などを支持する共同声明を発表した。日米欧だけではなく中国やブラジルなどの新興国も参加したこの会議が、ヨーロッパの財政・金融不安を鎮めるために一致団結することを確認したことになる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週のポイント

今週のポイントは、円高と株安が止まるかどうかだけ。円相場は19日のニューヨーク市場で、とうとう1ドル=75円95銭の戦後最高値を記録した。油断がならないのは、大型のヘッジ・ファンドが円投機に乗り出してきたことである。こうした投機資金が円に集中すると、その資金力は1兆ドルにも達するから、少々の介入などではとても太刀打ちできない。 世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金本位制への幻影 ? ; 価格が暴騰 (下)

◇ 40年間では50倍に高騰 = ちょうど40年前の8月15日。アメリカのニクソン大統領は突如としてドルと金との交換停止を発表、全世界を驚かせた。それまでアメリカは金1トロイオンス=35ドルで無制限に交換することを保証、それによってドルの価値を維持する政策をとっていた。しかし貿易赤字の増大で金の流出が止まらなかったために、交換を停止した…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

金本位制への幻影 ? ; 価格が暴騰 (上)

◇ たった2日間で100ドル上昇 = ニューヨーク商品取引所の金相場が、文字通り暴騰している。8日の取り引きで1トロイオンス=1700ドルを付けたと思ったら、10日にはなんと1800ドル。さすがに利食いが出てやや反落したが、それにしても驚かされる上昇スピードだ。相場が1000ドルの大台を超えたのは08年3月。リーマン・ショック後は700…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原油価格は、まだ上がる

◇3年前より条件は悪化 = 中東・北アフリカ情勢の緊迫化を受けて、原油の価格が急騰している。23日のニューヨーク市場では、WTI(ウェストテキサス・インターミディエート)先物相場が1バレル=98ドル10セントを付けた。ロンドン市場では、北海ブレンドが110ドルまで高騰。東京市場でも、ドバイ原油が104ドル30セントに跳ね上がった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more