テーマ:輸出

景気は停滞局面に / 10-12月期

◇ 復旧需要は一巡した = 財務省が発表した9月の貿易統計によると、輸出は5兆9807億円で前年比2.4%の増加だった。一方、輸入は5兆6803億円で12.1%増加した。この結果、貿易収支は3004億円の黒字だった。9月の数字としてはまずまずだが、目立つのは火力発電用の燃料輸入がいぜん大幅に増えていること。その半面、輸出は震災前の水準を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貿易赤字が 警告すること

◇ 燃料の輸入が激増している = 財務省が発表した8月の貿易統計によると、輸出は5兆3575億円で前年同月より2.8%増加した。輸出が前年を上回ったのは震災以来はじめて。東北地方の工場やインフラが復旧して、生産が正常化したことを反映している。ただ世界経済の不調や超円高の定着で、今後の輸出に大きな伸びは期待できそうにない。 一方、貿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輸出は 大丈夫なのか?

◇ 電子部品や鉄鋼は回復に遅れ = 財務省が発表した6月の貿易統計をみると、輸出は5兆7759億円で前年比1.6%減にまで回復した。5月の10.3%減に比べると大きく改善している。特に自動車の回復が目立つ。一方、輸入は5兆7052億円。原油などの増加によって前年比9.8%増えた。この結果、収支は707億円の黒字となっている。 輸出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貿易統計に現れた 大震災の影響

◇ 米中の対日輸入が激減 = アメリカ商務省が発表した4月の貿易統計によると、日本からの輸入は通関ベースで88億2800万ドルだった。前月に比べて25.5%の大幅な減少。金額にすると30億1900万ドルの減少で、過去最大になった。特に自動車・同部品は前月比54.4%も減っている。 一方、日本への輸出は52億4200万ドルで前月比9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

激減した自動車の輸出 / 4月の貿易

◇ 注目される5月からの回復度 = 財務省が25日発表した4月の貿易統計によると、輸出は5兆1557億円で前年比12.5%の減少だった。震災の影響がフルに反映され、減少幅は3月の2.3%から大きく拡大した。一方、輸入は5兆6194億円で前年より8.9%の増加。この結果、貿易収支は4637億円の赤字となった。 輸出では自動車、半導体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心配な 円高是正の行きすぎ (下)

◇ 原油は100ドルを踏み台に = 原油価格が着実に上昇している。ニューヨーク商品取引所のWTI(ウエストテキサス・インターミディエート)先物価格は1バレル=108ドル台に。2年半ぶりの高値となった。この国際価格の上昇を受けて、日本国内のガソリン小売り価格も1リットル=150円台に乗せている。 08年の春から夏にかけても、原油価格…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心配な 円高是正の行きすぎ (上)

◇1か月足らずで9円も下落 = 円高を是正する動きが急速に進行している。現在の円相場は1ドル=85円台。3月17日にニューヨーク市場で記録した史上最高値の76円25銭から、1か月足らずで9円も安くなった。円相場が適正な水準に戻ってきたことは歓迎していいが、市場では円安がもっと進むという見方も増えている。仮にそういうことになると、こんどは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

驚くべき 中国の輸入増大

◇ 日本からの輸入は9割増 = 中国税関総署の発表によると、1月の輸出は1507億ドルで前年比37.7%の増加。輸入は1443億ドルで51.0%の増加となった。この結果、貿易黒字は64億ドルで前年より53.5%縮小した。輸出の伸びも大幅だが、輸入が5割以上も増えたことには驚いてしまう。 税関総署の説明によると「ことしは春節に伴う大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輸出の回復は なぜ鈍いのか

◇ 大きくなった空洞化の影響 = 財務省が27日に発表した昨年12月の貿易統計をみると、輸出額は6兆1128億円で前年比13.0%の増加だった。自動車や金属加工機械、鉄鋼などの伸びが大きい。これで前年比の増加は13か月連続。また10月と11月には1ケタ台に落ちた伸び率も、再び2ケタ台に回復している。 第一印象はまずまずというところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国経済の 陰と陽 (上)

◇ 史上最大の自動車王国に = 中国経済の陰と陽とが、ますます鮮明になってきた。一口で言えば、生産や消費の面はきわめて堅調。その半面で、不動産やモノの価格面では厄介な事態が拡大している。中国政府は経済政策のむずかしいカジ取りを迫られているが、果たして局面を打開できるのか。その結果は、世界経済にも大きな影響を及ぼすに違いない。 中国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

景気回復 : 輸出主導型の終えん?

◇ 伸び率はついに1ケタに = 財務省が25日発表した10月の貿易統計によると、輸出総額は5兆7236億円で前年比は7.8%の増加だった。輸出の前年比は7月が23.5%増、8月が15.5%増、9月が14.3%増としだいに縮小してきたが、10月はとうとう1ケタの伸びに落ち込んだ。それだけ景気を押し上げる力が弱まったわけで、外需に頼った景気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輸出の伸び ; 大幅に鈍化

◇ 円相場は前年比8円60銭高 = 財務省が27日発表した8月の貿易統計によると、輸出は5兆2241億円で前年比15.8%の増加。輸入は5兆1209億円で17.9%の増加だった。この結果、黒字額は1032億円で37.5%減少。15か月ぶりに減少を記録した。輸入の増大は、液化天然ガスや鉄鉱石の輸入が多額だったため。 ここで気になるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足取り重い 輸出の回復

◇ 外需依存型はもうムリ = 財務省が発表した7月の貿易統計によると、輸出は5兆9828億円、輸入は5兆1786億円だった。その結果、貿易黒字額は8042億円となり、前年同月の2倍を超えた。ただ輸出の回復テンポは、目に見えて緩やかになってきている。外需依存型の景気回復は、限界に近づいたようだ。 輸出総額は前年に比べて23.5%増加…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成長率 :日本=0.4% 米国=2.4% EU=4.0% (上)

◇ 予想を超えた急ブレーキ = 景気はストンと落ち込んでいた。内閣府が16日発表した4-6月期の実質成長率は、年率換算でわずか0.4%に。1-3月期の4.4%から急降下して、ゼロ成長すれすれにまで低下した。民間機関による事前の予測値は2.2%-2.5%だったが、それをはるかに下回っている。 内容をみると、これまで景気を引っ張ってき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジアさまさま : 輸出増加に大貢献

◇ アジア向けは9割回復 = 財務省が発表した6月の貿易統計によると、輸出は5兆8660億円で前年比27.7%の増加だった。輸入は5兆1790億円で26.1%の増加。この結果、貿易黒字は6870億円で41.1%の増加となった。景気の回復は輸出の拡大に負うところが大きい。その輸出拡大は、中国を除くアジア諸国向けで支えられている。 輸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の輸入が鈍化 : その影響は?

◇ ちょっと心配な落ち込み = 中国税関総署が発表した6月の貿易統計によると、輸出は1374億ドル、輸入は1174億ドルだった。輸出額は月間として過去最大。前年比でみても43.9%の増加で、相変わらず大幅な増加を続けている。ただ輸入は34.1%増で、前月の48.3%増に比べると目立って鈍化した。 この輸入の増勢鈍化を、どうみたらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輸出の回復に 鈍化の兆し

◇ アジア向けは好調だが = 財務省が24日発表した5月の貿易統計によると、輸出は5兆3110億円で前年比32.1%の増加だった。輸入は4兆9868億円で33.4%増加した。この結果、黒字は3242億円で4月に比べると半減。原油や石炭、鉄鉱石など原料品の値上がりで、輸入金額が大きく伸びたためである。 輸出の状況を地域別にみると、ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輸出は 不況前の78%を回復

◇ 中国向けは100%の回復 = 財務省が発表した3月の貿易統計によると、輸出は6兆0049億円で前年比43.5%の増加だった。輸入は5兆0560億円で20.7%の増加。黒字は9489億円となった。この結果、09年度の貿易収支は5兆2332億円の黒字と、2年ぶりの黒字を記録した。 新聞各紙は、この09年度の貿易収支を詳細に報じてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

景気の二番底なし / 輸出の回復で

◇ 2月の輸出は45%増加 = 財務省が24日発表した2月の貿易統計によると、輸出は5兆1287億円で前年比45.3%の大幅な増加となった。一方、輸入は4兆4777億円で29.5%の増加。この結果、貿易黒字は6510億円で前年の8倍を記録した。輸出のプラスは昨年12月から3か月連続。伸び率も12%→41%→45%と拡大している。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輸出の回復 : やっと八合目に

◇ 自動車の回復が遅い = 財務省が発表した1月の貿易統計によると、輸出は4兆9024億円で昨年1月の実績を40.9%も上回った。ところが昨年の1月は不況の影響で輸出が最も縮小し、前年比で45.7%も減少した月。そこで輸出が好調だった一昨年の1月と比較してみると、まだ23.5%も低い水準であることが判る。景気を支える輸出の回復は、やっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GDP : 10-12月期は順調だったが 

◇ 心配な1-3月期 = 内閣府が15日発表した昨年10-12月期のGDP速報によると、前期比を年率換算した実質成長率は4.6%だった。内容的にみると内需と外需のバランスがとれて、久しぶりにいい形となっている。しかし心配な問題点もあって、ことし1-3月期には息切れ気味となる可能性が大きい。 項目別に点検すると、輸出は21.7%の増…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“二番底” 回避へ / 対アジア輸出で

◇ 15か月ぶりに水面上へ = 財務省が発表した昨年12月の貿易統計によると、輸出は5兆4128億円で前年比12.1%の増加だった。輸入は4兆8675億円で、前年比は5.5%の減少。輸出の前年比がプラスになったのは、リーマン・ショックが起きた08年9月以来15か月ぶりのこと。前年の水準が低かったとはいえ、やっと水面上に顔を出すことができ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

驚異的な 中国の輸入増加

◇ 日本の輸出も急回復の公算 = 中国税関総署が10日発表した貿易統計によると、09年の輸出は1兆2017億ドル。前年比では16.0%の減少だった。26年ぶりの前年割れだが、この輸出金額はドイツを抜いて世界一になったとみられている。輸入は前年比11.2%減少の1兆0056億ドルだった。 新聞やテレビはこの「中国の輸出世界一」を大々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不満足な 輸出の回復

◇ 甘い新聞の見方 = 財務省が21日発表した11月の貿易統計によると、輸出は4兆9917億円で前年比は6.2%の減少だった。一方、輸入は4兆6177億円で16.8%の減少。この結果、貿易黒字は3739億円となり、10か月連続の黒字を記録した。前年比でみた輸出の減少率が10月の23.2%から大幅に縮小したため、新聞などには「輸出は順調に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週のポイント

今週の市場はニューヨーク、東京ともに祝日の関係で4営業日しかない。アメリカはクリスマス休暇、日本も年末を控えて、為替や株価も大きくは動けないだろう。先週の株価は、ダウ平均が143ドルの値下がり。にもかかわらず日経平均は、円高が少し修正されたこともあって週間34円の上昇だった。 今週の経済指標は、きょう21日に発表される11月の貿易…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の輸入増 : 気になることは

中国税関総署の発表によると、11月の輸入額は945億6000万ドル(約8兆5000億円)だった。昨年同月に比べると26.7%の大幅な増加となっている。前年の水準を超えたのは、ちょうど1年ぶり。一方、輸出額は1136億5300万ドルで、前年比は1.2%の減少だった。ほぼ前年並みの勢いを取り戻したと言えるだろう。この結果、11月の貿易黒字は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輸出 & 雇用統計 : 物足りない新聞の記事 (上)

このところ新聞の経済記事を読んでいて、どうも物足りない感じが続いた。1つは貿易統計の輸出に関する記事。もう1つは雇用統計の記事である。両方とも、内容的には間違っていない。だが統計の数字を紹介するだけにとどまり、その裏を読む努力に欠けていたのではないか。そんな印象を強く抱いた。 1) 輸出に関する記事--いまの景気にとって輸出の回復…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輸出の回復 : 遅々として進まず

財務省が発表した9月の貿易統計によると、輸出額は5兆1047億円で、前年実績を30.7%下回った。12か月連続の前年割れ。品目別にみても、自動車が42.2%、鉄鋼が44.3%、半導体・電子部品が22.0%と、いずれも前年より大幅に減少している。全体として、輸出の回復は遅い。 前年比の減少率は8月の36.0%から、5ポイント以上の改…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輸出は足踏み : 心配な景気の先行き

財務省が発表した8月の通関統計によると、輸出額は4兆5100億円。輸入額は4兆3300億円で、貿易黒字額は1857億円だった。このうち景気の動向に関連が深い輸出の前年比は、36.0%の減少になっている。最悪だった2月の49.4%減少からは改善しているが、7月の36.5%減少に比べるとほとんど変化がない。 8月の輸出を地域別にみると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月の輸出は 足踏み状態

財務省は26日、7月分の貿易統計を発表した。それによると、輸出は4兆8400億円で前年同月比36.5%の減少。輸入は4兆4600億円で40.8%の減少だった。その結果、貿易黒字は3800億円と前年の46倍となっている。輸入の減少は、原油価格の下落に負うところが大きい。また黒字の大幅増加は、前年の黒字額が小さかったためだ。 景気の回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more