テーマ:経済政策

安倍政権の 経済政策 (下)

4)原発の再稼動 = 原子力規制委員会は来年7月に、新しい原発の安全基準を作成する。この基準をもとに全国の原発を調査し、3年以内に再稼動の可否を決める--というのが、原発に対する自民党の考え方だ。安全を第一にする姿勢はいい。だが最大3年にわたって再稼動が行われない場合、電力料金の高騰や貿易収支の大赤字が続く可能性が大きい。日本経済はそれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍政権の 経済政策 (中)

2)国債発行 = 大型補正予算に関するもう1つの問題は、やはり財源の調達である。財務省によると、11年度予算の剰余金1兆2000億円、金利低下による国債利払い費の減少、12年度の税収上振れなどによって、5兆円程度の財源は調達できるという。しかし仮に10兆円の補正を組めば、残りの5兆円は国債の増発に頼らざるをえない。 国債の発行残高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍政権の 経済政策 (上)

◇ かつての公共事業では困る = 自民党の安倍新政権が26日に誕生する。この内閣は、どんな経済政策を行おうとしているのか。選挙公約や選挙戦中の発言から、①補正予算②国債発行③金融緩和④原発の再稼動⑤TPP⑥成長戦略--の6つを取り上げて考えてみた。 1)補正予算 = 低成長にあえぐ日本経済は、いま再び景気後退に陥っている。だから新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野田新首相の 経済政策 (下)

◇ マニフェストが時限爆弾 = 野田新首相にとっては、民主党の選挙マニフェストが厄介な問題になりそうだ。マニフェストについて、野田氏は「むかし言ったことにしがみついていたのではダメ」と明言。マニフェストの修正には積極的な姿勢を示してきた。ところが小沢、鳩山の両氏はマニフェスト堅持の立場である。 この問題は、自民・公明党との“3党合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野田新首相の 経済政策 (上)

◇ 反小沢派の結集で逆転 = 民主党の代表選挙は決選投票の末に、野田財務相が海江田経産相を逆転する番狂わせの結果となった。小沢・鳩山派の支持を受けた海江田氏は決選投票で票を伸ばせず、逆に前原氏ら3候補の票が野田氏の支持に流れたためである。民主党内の親小沢vs反小沢の勢力図が、意外な形で明らかになったと言えるだろう。 経済政策につい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more