政界再編の 臭いがしてきた ! (下)

◇ アンチ小沢・鳩山が軸に = 民主党内の消費増税反対派が党の方針に従わなかったという理由で処分を受けたとき、党を離れるかどうか。もし50人も離党すれば、野田政権は衆議院でも少数与党になってしまう。苦し紛れに解散・総選挙の道を選んでも、いまの内閣支持率からみると芳しい結果は得られそうにない。それよりは自民党、公明党の中枢と組んだ連立を模索するのではないだろうか。

自民党や公明党のなかにも、消費増税には反対の人がいる。しかし賛成の人たちは、8月まで国会の会期を延長し、消費増税の実現に全力を傾けるだろう。そこに1つの求心力が生まれる可能性は否定できない。その延長線上では、公明党はムリとしても新党の結成⇒解散・総選挙という形もおぼろげながら見えてくる。

そうなれば歴史の繰り返しで、、消費税をめぐっての政界再編ということになる。また裏から見れば、小沢・鳩山グループと一線を画すための再編になるのかもしれない。野田首相をはじめ民主党の現執行部が、そんなことを考えているかどうかは判らない。自民党や公明党の意向も全く不明である。だから、いまから想像するのは時機尚早かもしれない。

だが政界では「一寸先は闇」という言葉がよく使われる。すでに闇に紛れて、政界の再編に動いている人がいるのかもしれない。関係はないのかもしれないが、今回の3党合意を受けて「小沢先生、鳩山先生。どうぞ反対してください。その方が国会はすっきりして素晴らしく良くなります」と言い切った渡部恒三・民主党最高顧問の笑顔が印象的だった。


    ≪20日の日経平均 = 上げ +96.44円≫

    ≪21日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

"政界再編の 臭いがしてきた ! (下)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント