プ レ ー ト

第1章  ダー ス ト ン 星  ≪7≫ 驚くべき寿命100歳制度 = 帰りの車のなかで、ぼくは目を閉じてウラノス博士の話を反芻していた。隣のマーヤも黙りこくっている。そっと腕をつつくと「私も初めてあんな話をお聞きしました」と言って、うなだれてしまった。ロボットなのに、人間的な感情を持っているのかしら。 博士は最後に、ダー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more