プ レ ー ト

第1章  ダー ス ト ン 星  ≪7≫ 驚くべき寿命100歳制度 = 帰りの車のなかで、ぼくは目を閉じてウラノス博士の話を反芻していた。隣のマーヤも黙りこくっている。そっと腕をつつくと「私も初めてあんな話をお聞きしました」と言って、うなだれてしまった。ロボットなのに、人間的な感情を持っているのかしら。 博士は最後に、ダー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プ レ ー ト

第1章  ダー ス ト ン 星  ≪6≫ ノアの方舟 ウラノス博士の話は続いた。「実は、われわれの祖先も300年ほど前に、同じような経験をしたんじゃ。君の星、地球は海底のメタン・ハイドレードを掘り過ぎて、メタン・ガスの噴出を止められなくなったことが原因だったね」 よく知っているなあ。UFOで集めた情報なのか。それとも、ぼく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プ レ ー ト

第1章  ダー ス ト ン 星  ≪5≫ UFOの正体 そのウラノス博士は、大きな声をあげながら両手を前に突き出した。そう、この星では両手を重ね合わすことが挨拶だと、車のなかでマーヤに教わったばり。ぼくも慌てて両手を差し伸べる。 「元気になったようじゃね。結構、結構。まあ、そこに座ってくれたまえ」 白髪で丸顔、広いおでこに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プ レ ー ト

第1章 ダ ー ス ト ン 星 ≪4≫ 胸番号の意味 卵型の小型車に、マーヤと乗っている。病院の玄関から幹線道路に出て、8車線の高速道路へ。すべて自動運転だ。だいいち、この車には運転席がない。きょうは科学院長に会いに行くのだ。高速道路では300キロぐらいのスピードで走った。だから100キロほど離れた隣町の科学院に、アッという間に到…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more