新次元・SF 経済小説  【 プ レ ー ト 】

 第1章 ダ ー ス ト ン 星 ≪1≫ 2050年7月 気が付いたとき、目に入ったのは真っ白な天井だった。疲れている。頭が少し痛い。再び意識がかすんでしまった。   次に目が覚めると、白衣の女性看護師の顔が見えた。卵型で整った顔立ちの美人だ。白衣の左胸に黄色のネーム・プレートを付けている。名前を見ようとしたが「71」という数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more