今週のポイント

◇ 円相場に左右される株価 = 日経平均は先週305円の値上がり。月曜から木曜日まで4日間連騰したが、これは麻生財務相の口先介入で円が反落したおかげ。月曜日の参院決算委員会で「介入の用意はある」と明言し、投機筋の円買いが止まった。金曜日には企業決算の先行きに対する不安感が強まり、利益確定売りが出て株価は反落している。

日経新聞の集計によると、16年3月期の上場企業の連結経常利益は1%の減益になる見込み。4年ぶりの減益だが、17年3月期は3%の増益になる見通しだ。しかし、この増益見通しは円高が進むと達成は難しくなる。市場はその点を心配している。口先介入の効果は長く続かない。そのあとの実際の円相場の動向が、今後の株価を左右することになるだろう。

ダウ平均は先週205ドルの値下がり。4月の雇用統計が予想以上に弱く、FRBによる金利の引き上げは9月以降に遠のいたという観測が強まっている。しかし株価は従来と違って、あまり反応しなかった。また原油価格との連動性も、薄れているようにみえる。大統領選挙が近づいて、ニューヨーク市場も新たな材料を探し始めたのかもしれない。

今週は16日に、4月の企業物価。18日に、1-3月期のGDP速報と4月の訪日外国人客数。19日に、3月の機械受注と全産業活動指数。アメリカでは16日に、5月のNAHB住宅市場指数。17日に、4月の工業生産、消費者物価、住宅着工戸数。19日に、4月のカンファレンス・ボード景気先行指数。20日に、4月の中古住宅販売戸数が発表される。なお20-21日には、G7財務相・中央銀行総裁会議が仙台で開かれる。

      ≪16日の日経平均は? 予想 = 下げ


             ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック