今週のポイント

◇ 円高の進行を警戒して続落 = 東京市場は大型連休で、先週は月曜日と金曜日だけの営業だった。だが、この2日間で日経平均は559円の値下がり。先々週から6日間の続落となり、この間の下落幅は1466円に達した。連休中の円高進行を警戒したことが最大の原因。その円相場は111円台から106円台に上昇したが、大方の予想よりは勢いが弱かった。

ダウ平均は先週33ドルの値下がり。カナダ西部の森林火災で原油価格が上昇したが、株価にはあまり響いていない。また週末には予想を大幅に下回る4月の雇用統計が発表され、FRBによる金利の引き上げが遠のいたという観測が広まった。しかし株価の上昇は、小幅にとどまっている。ニューヨークの株式市場も、やや元気がない。

市場関係者の間では、連休明けも円高に対する警戒感が強い。なかには100円まで上昇するという見方もある。したがって株式市場の空気も重い。一方、ニューヨーク市場も予想外に悪かった雇用統計を受けて、上値は限られるという見方が強まっている。日米ともに、その根底には景気の先行きに対する不安感の増大がありそうだ。

今週は9日に、3月の毎月勤労統計と4月の消費動向調査。11日に、3月の景気動向指数。12日に、3月の国際収支と4月の景気ウォッチャー調査。13日に、3月の第3次産業活動指数。アメリカでは13日に、4月の小売り売上高と生産者物価、5月のミシガン大学・消費者信頼感指数。またEUが13日に、1-3月期のGDP改定値。中国が10日に、4月の消費者物価と生産者物価。14日に、4月の小売り売上高、鉱工業生産、固定資産投資額を発表する。

      ≪9日の日経平均は? 予想 = 上げ


             ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック