今週のポイント

◇ 円が急騰、株は大幅安 = アメリカと日本の中央銀行は先週の政策決定会合で、ともに金融政策を変更しないことを決めた。この結果、アメリカではFRBによる利上げが遠のいたという観測が強まりドルが売られ、その反動で円が買われた。円の対ドル相場は、週末106円台後半にまで上昇している。2日間で5円という急騰ぶりだ。

円が高騰したため、東京市場の株価は大幅安となった。日経平均は週間906円の値下がり。この急落で、4月を通しても93円の下落。また年初来では2368円の値下がりとなっている。円の高騰は、日銀が追加の緩和策を見送ったことでも増幅された。したがって株価の下落も、日銀に対する失望感の表れという見方が定着した。

ダウ平均は先週230ドルの値下がり。原油価格は46ドルまで上昇したが、FRBが「アメリカ経済は減速した」とはっきり表明。また1-3月期のGDP成長率が0.5%に低下したことを警戒した。一方、東京市場は大型連休に入る。ただ、その間も海外の為替市場は開いているから円相場は変動する。先週の状況からみると、105円を超える円高になる可能性も少なくない。

今週は2日に、4月の新車販売台数。アメリカでは2日に、4月のISM製造業景況指数。3日に、4月の新車販売台数。4日に、3月の貿易統計と4月のISM非製造業景況指数。6日に、4月の雇用統計。また中国が8日に、4月の貿易統計を発表する。

      ≪2日の日経平均は? 予想 = 下げ


                ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック