輸出が9か月ぶりに増加 / 中国

◇ 輸入は17か月連続で減少 = 中国税関総署が13日発表した3月の貿易統計によると、輸出は1608億ドルで前年比11.5%の増加だった。輸出の増加は9か月ぶり。ただ2月が春節の影響などで25%減少しているため、その反動で増加したものと思われる。一方、輸入は1310億ドルで前年比7.6%の減少。国内経済の低迷を反映して、輸入の減少は17か月も続いている。

輸出入の動きを1-3月期でみると、輸出は前年比9.6%の減少。EUやアメリカ、日本向けの輸出が軒並み減少、特に東南アジア向けは13.7%も減っている。一方、輸入は前年比13.5%の減少だった。こうしてみると、中国の貿易はまだ縮小傾向から脱してはいない。ただ3月の輸入額を元建てでみると、減少の幅は1.7%にまで縮んでいる。

中国では加工貿易の比重が高く、輸入が増えないと輸出も伸びない。また原油や食料なども大量に輸入している。このため中国の輸入が減少すると、原油をはじめとする国際商品の価格が下がり、世界経済に大きな悪影響を及ぼしているのが現状だ。この意味では、3月の輸出が増加したことより、元建て輸入額の減少幅が縮小したことに注目しておきたい。

中国政府はあす15日、1-3月期のGDP速報や生産、小売りなどの統計を発表する予定だ。GDP成長率は昨年10-12月期に年率6.8%にまで鈍化してきた。政府は6.5%の成長を死守する構えだが、はたして1-3月期の成長率はどこまで下がったのか。その結果がまた大きく報道され、世界の株価などに織り込まれることは間違いない。

      ≪13日の日経平均 = 上げ +452.43円≫

      ≪14日の日経平均は? = 上げ


            ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック