雇用増 ≠ 消費増 のナゾ (上)

◇ 新聞各紙の解説は?? = 雇用情勢が予想以上に改善している。総務省が発表した10月の労働力調査によると、失業率は前月を0.3ポイントも下回り3.1%にまで低下した。この水準は20年3か月ぶりの低さ。完全失業者の数も前月より22万人減っている。厚生労働省が発表した10月の有効求人倍率も1.24倍で、23年9か月ぶりの高さだった。

ところが景気を押し上げる力となる個人の消費支出は、一向に増加しない。総務省が発表した10月の家計調査によると、2人以上世帯の平均支出額は28万2401円。前月より0.7%の減少、前年同月に比べると2.4%も少なくなっている。自動車やテレビ、パソコンなどの購入が減ったという。

実はこの1年ほど、こうした状態が続いている。雇用は秋晴れなのに、消費は雨模様。何故なのかについて、新聞各紙はこう説明している。雇用者は増加したが、その多くは非正規採用だ。したがって給与の水準は低い。だから世帯の平均収入は下がる。よって平均支出も増加しない、のだと。

専門紙の日経をはじめ、大新聞はみなこう解説している。だが、どうも納得がいかない。非正規雇用者が増えると、家計の平均支出は下がってしまう。すると景気はよくならない。もしそうなら非正規雇用者が増えると、景気は悪くなるという理屈にならないか。非正規雇用者の増加がいいか悪いかは全く別の問題として、新聞のこの理屈はどう考えてもおかしい。

                                   (続きは明日)

      ≪30日の日経平均 = 下げ -136.47円≫

      ≪1日の日経平均は? 予想 = 上げ≫      


                  ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック