デパートは 外国人頼み

◇ 免税売り上げは32か月連続増加 = 日本百貨店協会の集計によると、9月のデパート売上高は4463億円。前年に比べて1.8%の増加だった。前年比の増加は6か月続いており、これは96年1-6月以来のこと。大型連休や気温の低下が、売り上げの増加に貢献した。商品別にみると、雑貨や身の回り品が伸びている。また外国人旅行客も売り上げ増に寄与した。

外国人向けの免税売上高は138億円で、前年の2.8倍に達した。これで前年比の売り上げ増は32か月間の連続。ただ客数は3.3倍に増えているから、1人当たりの購買金額は減ったことになる。中国人の爆買いも、宝石類や電機製品から化粧品などの消耗品に広がってきたようだ。

デパートにとって、いま外国人は神様だろう。免税売り上げがなければ、9月の売上高も前年を割り込んでいたはずだ。しかし外国人観光客は、やはり大都市に集中しがちである。9月の数字を見ても、全国82社・238店舗のうち、10大都市のデパートは売り上げが3.9%伸びた。これに対して10大都市以外のデパートは2.4%の売り上げ減となっている。

こうした動向から、いくつかの問題点が浮かび上がってくる。外国人客を今後どこまで増やせるのか。1人当たりの消費額を落とさないための方策は。旅行客を地方にも勧誘するには。そして最大の問題は、沈滞気味の日本人による消費をどうやって増やすかという点だろう。

      ≪21日の日経平均 = 上げ +347.13円≫

      ≪22日の日経平均は? 予想 = 下げ


                 ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック