景気に 警戒信号 !?

◇ 生産の鈍化が明瞭に = 経済産業省が30日発表した8月の鉱工業生産は、前月に比べて0.5%の低下だった。4-6月期の1.4%低下に続いて7月も0.8%減少しており、生産の鈍化傾向が明らかになってきている。8月は出荷も0.5%の減少、在庫は0.4%増加した。形としては、あまりよくない。

鉱業を除いた製造工業だけでみると、8月の生産減少率は0.7%だった。業種別にみると、金属工作機械・土木建設機械・トラックなどが大きく減少している。また出荷が目立って減ったのは、一般機械・金属製品・紙パルプなど。在庫面では、鉄鋼・化学・一般機械などの業種で増加している。

同時に発表した予測調査をみると、9月は0.1%、10月は4.4%の生産増加を見込んでいる。にもかかわらず、経産省は生産の基調判断を下向きに改訂した。昨年12月ーことし4月は「緩やかな持ち直しの動き」、5-7月は「一進一退」だったものを、今回は「弱含み」に下方修正している。これは前月の調査で、8月は2.8%増と予測していたのに、実際は減少してしまったことと無関係ではなさそうだ。

じっさい、中国をはじめとする新興国の経済状態はよくない。ヨーロッパ諸国もフォルクスワーゲン事件で動揺している。アメリカの景気もピークに近い。だから輸出は伸び悩むだろう。と言って国内需要も、決して強くはない。生産が増加する要素は希薄である。市場では株価が大きく乱高下しながら、水準を下げている。もしかしたら、景気の先行きをもう織り込んでいるのかもしれない。

      ≪30日の日経平均 = 上げ + 457.31円≫

      ≪1日の日経平均は? 予想 = 上げ


                ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

☆「経済なんでも研究会」は、きょうで10年目に入りました。ここまで続けられたのも、読者の皆さま のご支援・ご協力によるものです。厚く御礼申し上げます。今後とも、よろしくお願いします。
  なお日経平均の予想は、過去9年間で1566勝664敗。勝率は7割0分2厘でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック