危うい 人民元の切り下げ (下)

◇ 副作用の方がずっと大きい = 人民元の切り下げは、中国経済の窮状を世界に再認識させる結果となった。このため海外からの対中投資にはブレーキがかかるだけでなく、中国からの資本流出が始まる危険性を秘めている。ある試算によると、切り下げによる輸出の増加は年間50億ドル。その半面で、資本流出は300億ドルに達するかもしれないという。

また元の切り下げに伴い、東南アジア諸国の通貨は一斉に下落した。タイやベトナム、マレーシアからオーストラリアに至るまで、政府が切り下げた国もあれば、市場で実質的に切り下がった国もある。つまり、これらの諸国に対する中国の輸出競争力は、少しも増大しなかった。

中国政府は人民元の価値を高め、ドル・ユーロ・円に並ぶ国際通貨に押し上げようとしている。その試金石は、IMF(国際通貨基金)が発行するSDR(特別引き出し権)に元が参入入できるかどうかだ。しかし今回の切り下げによって、その実現は遠のいたと考えられる。元の国際的な信頼性は、大きく傷ついたと言えるだろう。

さらに中国経済の不調が再認識された結果、原油や鉄鉱石などの国際商品にはいっそうの下げ圧力が加わった。特に原油価格の下落は、アメリカ経済に打撃を与える危険性がある。そこから世界経済全体に悪影響が広がれば、結局は回りまわって中国経済に火の粉が降りかかる。中国政府・人民銀行は、この点をどう考えているのだろうか。

      ≪18 日の日経平均 = 下げ -65.79円≫

      ≪19 日の日経平均は? 予想 = 上げ


                ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック