危うい 人民元の切り下げ (上)

◇止まらない経済の落ち込み = 中国人民銀行は先週、人民元の対ドル為替レートを切り下げた。3日連続で切り下げ、合計の切り下げ率は4.5%に達している。突然のこの措置に世界の市場はびっくり、株価は軒並み値下がりした。と同時に、改めて中国の実体経済が悪化していることを知らされた形。市場は突然の切り下げよりも、中国経済の先行きを心配して下げたのかもしれない。

これまで人民銀行は、元の対ドル・レートがあまり変わらないように基準値を設定してきた。ところが米ドルの水準が高くなりすぎ、元レートも上昇しすぎた。これを是正するために、前日の終り値を参考にして基準値を決めることにした。つまり従来より市場の価格に近いレートになる、と人民銀行は説明している。だが真の狙いは、元安による輸出の増大で景気の回復を図ることにある。市場関係者の多くはそう受け取った。

じっさい最近の経済指標をみても、中国経済の実態は芳しくない。たとえば7月の鉱工業生産は前年比6.0%増にとどまった。乗用車の生産台数は26.3%減少している。不動産関連投資は1-7月間で、前年比4.3%増。ひところの3分の1に減った。7月の卸売物価は前年比5.4%の下落、これで下落は41か月も続いている。そして7月の輸出は前年比8.3%の減少。輸出入を合わせた貿易総額は、1-7月間で7.2%減少した。

中国政府はことし2月以降、政策金利や預金準備率を次々と引き下げてきた。鉄道や道路などのインフラ投資も拡大した。しかし景気の下降は止まらない。政府は15年の成長率7%を至上目標に掲げているが、最近では6.5%に下がるという予測も現われている。それを輸出の増進でなんとか食い止めようというわけだが、その副作用はあまりにも大きい。

                                   (続きは明日)

      ≪17日の日経平均 = 上げ +100.81円≫

      ≪18日の日経平均は? 予想 = 上げ


                ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック