前向きになった 経営者 : 法人企業統計

◇ 設備投資は7.3%増加 = 財務省は1日、ことし1-3月期の法人企業統計を発表した。それによると、金融・保険を除いた全産業の売上高は343兆5978億円で前年を0.5%下回った。また経常利益は17兆5321億円で、こちらの方は前年をわずかに0.4%上回っている。このように売上げと利益の面からみる限り、1-3月期の企業業績はあまりよくない。ところが設備投資は13兆1294億円で、前年比7.3%の増加となった。

売上高は消費増税の影響で、昨年4-6月期に1.1%増加に低下。その後も2%台の増加と低迷していたが、ことし1-3月期にはわずかながら減少してしまった。また経常利益は昨年4-6月期に4.5%の増加。7-9月期は7.6%増、10-12月期は11.6%増と好調に推移していた。それが1-3月期は0.4%増に落ち込んでいる。

一方、設備投資額は昨年4-6月期が3.0%増。7-9月期は5.5%増、10-12月期は2.8%増とやや停滞気味。それが1-3月期には、売上げや利益の減退にもかかわらず7.3%の伸びになった。特に電機、通信、輸送用機械などの投資が大きい。こうした現象は、企業経営者が景気の先行きに期待を持ち始めた結果だと考えていいのではないか。

法人企業統計は、財務省が全国2万2000社を超える企業から回答を得て集計した調査。この種の調査としては最も規模が大きい。そのためGDPの再計算にも、その結果が反映される。今回の調査では設備投資の増加率が予想より大きかったので、8日に発表される1-3月期のGDP改定値では、速報値の年率2.4%が上方修正される公算が大きい。

      ≪2日の日経平均 = 下げ -26.68円≫

      ≪3日の日経平均は? 予想 = 下げ


               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック