今週のポイント

◇ 4週間で3000円近い上げ = 株式市場はまたまた予期しない援軍の助けを受けた。日銀の金融緩和追加に続いて、安倍首相が年内解散と消費再増税の先送りを決断したからである。日経平均は先週610円の値上がり。4週連騰で、この間の上げ幅は2953円に達した。株価は7年4か月ぶりの水準を回復している。

ダウ平均は先週61ドルの値上がり。こちらも4週連騰で、この間の上げ幅は1254ドル。しかも4週続けて史上最高値を更新している。ただ高値圏のために利益確定売りも多く、1日の値動きはきわめて小幅になった。にもかかわらず株価が着実に上昇したのは、アメリカ経済の回復を背景とした好調な企業の業績を反映したものだ。

増税が遠のいたため、東京市場では不動産やデパートなどの内需株に人気が集まった。さらに財政再建が遅れるとの見方から円安も進み、自動車などの輸出株も物色されている。この結果、東証1部の時価総額は7年ぶりに500兆円に。安倍内閣のスタート時に比べると、2倍の規模に膨らんでいる。今後も補正予算が組まれるので、株価を押し上げる力はまだ持続するのではないか。

今週は17日に、7-9月期のGDP速報。19日に、9月の全産業活動指数。20日に、10月の貿易統計。アメリカでは17日に、10月の工業生産。18日に、10月の生産者物価と11月のNAHB住宅価格指数。19日に、10月の住宅着工戸数。20日に、10月の消費者物価、中古住宅販売、カンファレンス・ボード景気先行指数。また中国が20日に、11月のHSBC製造業PMIを発表する。


      ≪17日の日経平均は? 予想 = 下げ

               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック