ビビる 自民党 : 原発再稼働 (下)

◇ エネルギー計画がない国 = 経済の発展や国民生活の安定に欠かすことができないエネルギー。そのエネルギーを中長期にわたって、どのように確保するのか。その指針がエネルギー計画である。政府は3年ごとに計画を見直すことにしており、有識者で構成する総合資源エネルギー調査会が基本的な考え方をまとめることになっている。

その調査会の基本政策分科会が、先週19日に開かれた。ところが結果は「議論のしようがない」ということで散会。通常なら「たとえば3年後のエネルギー構成は、原油XX%、LMGXX%、原子力XX%、再生可能エネルギーXX%という比率が望ましい」というような方向を示すはず。しかし原発の将来が全く不明だから、議論のしようがないというわけだ。

大震災後の日本には、国のエネルギー計画がない。このため電力各社が必要に迫られて、火力発電ばかりを増強。その燃料輸入が急膨張して貿易収支の大赤字を招いている。国連のCOP21 (気候変動枠組み条約)は各国に対して来年3月までにCO2削減目標の提出を求めているが、エネルギー計画を作れない日本はCO2削減目標も作成は不可能だ。

このような悲劇的な状態にもかかわらず、自民党は事態を静観したまま。世論調査によれば、原発の再稼働には賛成より反対の意見が多い。来年4月の地方統一選挙をにらんで、この際は“触らぬ神に祟りなし”の姿勢を決め込んでいる。最高責任者である安倍首相も「原子力規制委員会が安全と認めた原発は再稼働する方針」だと言うばかり。委員会の人員増強にも触れたがらない。その間にも、日本の富が大量に海外に流出しているのに。


      ≪27日の日経平均 = 上げ +13.60円≫

      ≪28日の日経平均は? 予想 = 上げ

                 ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック