経済 らくらく 塾

アクセスカウンタ

zoom RSS 政界再編の起爆剤? / 都知事選

<<   作成日時 : 2014/01/17 08:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

◇ 試される安倍首相の統率力 = 細川護煕・元首相(76)vs 舛添要一・元厚生労働相(65)。2月9日に行われる東京都知事選挙は、事実上この2人の一騎討ちになりそうだ。ご両人とも無所属での立候補だが、その政治的支援の構図は複雑怪奇。というのも自民党の重鎮である小泉元首相が応援する細川氏を民主党が支援し、競争相手の舛添氏を自民・公明党が支持することになったからだ。

小泉元首相は政界を引退しているが、自民党をはじめ永田町に対する影響力はなお強い。その小泉氏が細川氏を応援することになったのは、原発ゼロの必要性で一致したため。対抗馬の舛添氏は、将来の脱原発を標榜するものの、原発の再稼働については否定していない。これは現在の政府・与党の考え方を反映したものだ。

このため選挙戦では、原発の必要性が大きな争点になるだろう。その結果、仮に細川氏が勝てば、政府・与党は原発に対する現在の姿勢に再検討を迫られる。また舛添氏が勝ったとしても、細川氏の票数しだいでは修正を余儀なくされるかもしれない。さらに選挙後も、影響は尾を引くにちがいない。

今回の細川・小泉連合は、ある意味で脱原発を旗印にした政党を立ち上げたようなもの。仮に細川氏が都知事選で負けても、その余韻は残るだろう。これが火種となって民主党や自民党から脱原発派が参入してくれば、政界は再編成される。そこへ行くまでに、火種を吹き消せるかどうか。安倍首相の統率力が問われることになる。


    ≪16日の日経平均 = 下げ −61.53円≫

    ≪17日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
          

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
政界再編の起爆剤? / 都知事選 経済 らくらく 塾/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる