今週のポイント

◇ 1万4000円を狙えるか = 株式市場では、上げ潮と引き潮が交錯している。上げ潮は企業の業績を買おうとする力、引き潮は金融緩和の縮小を心配する力だ。先週は日米ともに、上げ潮の力がやや上回った。日経平均は週間447円の値上がり。ダウ平均も110ドル上昇した。

日経平均は6月中98円の値下がりだった。5月に続いて2か月連続の下落。しかし6月の後半には1000円近くの上げを達成した。また4-6月間でみると、1279円の上昇。この上昇率は、アメリカやドイツよりはるかに高い。今週も上昇を続けて、もう1つ上の関門1万4000円を狙いに行けるかどうか。

ハードルはいくつかある。急上昇した中国の短期金利は、当局が資金供給の拡大を表明したこともあって、小康状態となっている。だが問題が再燃する可能性は、まだ否定できないだろう。その一方で、こんどはアメリカの長期金利が急上昇している。景気に対する悪影響が懸念されるほか、為替相場の変動要因にもなりかねない。

今週は1日に、日銀の6月短観と6月の新車販売台数。2日に、5月の毎月勤労統計。5日に、5月の景気動向調査が発表される。アメリカでは1日に、6月のISM製造業景況指数。2日に、6月の新車販売。3日に、5月の貿易統計と6月のISM非製造業景況指数。5日には、6月の雇用統計が発表になる。またEUが1日に、5月の雇用統計と6月の消費者物価指数を発表の予定。


    ≪1日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック