原発・TPPに言及なし / 所信表明演説

◇ マスコミの指摘もなし = 安倍首相が国会で行った所信表明演説は、そんなに評判が悪くはない。まず全体の長さを短くし、経済問題に重点を置いた。難解なカタカナ語をほとんど使わず、呼びかけ口調を貫いた。ふつうは厳しく批判する新聞も「憲法改正などタカ派的な問題には触れず“安全運転”に徹した」程度の論評に終始している。

だが演説の全文を読んでみて驚いた。原発の再稼動とTPP(環太平洋経済連携協定)加盟問題について、ひと言も触れていない。日本経済の再生を最優先の目標とする安倍内閣だが、エネルギー確保と貿易の規制緩和は、経済再生にとって最重要問題ではないのか。

その後の代表質問に対して、安倍首相は「原発ゼロ政策は見直す」「例外が認められないTPPには参加しない」などと答弁している。どうせ質問されることはわかっていたのに、なぜ所信表明演説では全く触れなかったのだろう。また新聞各紙が、この点について疑問を投げかけなかったことも不思議だ。

原発再稼動とTPP加盟問題は、自民党のなかでも意見が二分している。このため党内に波紋を立てないよう、これらの問題に触れなかったのではないか。だとすれば1か月後の施政方針演説でも、明確な方針は打ち出せないだろう。「スピード感が重要」と何度も繰り返した安倍首相だが、ここではブレーキを踏んでいる。安倍政権のアキレス腱にならなければいいが。


    ≪31日の日経平均 = 上げ +24.71円≫

    ≪1日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック