今週のポイント

◇ 世界的な株高だが = 先週は世界の主要な20株式市場のうち、NY、東京、上海など17市場が上昇した。ダウ平均は週間130ドルの値上がり。3週連続の上昇で、終り値の1万3155ドルは11月6日以来の高値。特に金曜日は、11月の失業率が前月より0.2ポイント低下したことを好感して買いが先行した。ただナスダックは、アップルが大幅に売られたため下落している。

日経平均も週間81円値上がりした。ニューヨーク市場で株と同時にドルが買われ、円安傾向が続いたことが大きい。東京市場はこれで4週連続の上昇。終り値の9527円は、4月26日以来の高値となった。ただニューヨークも東京も、この水準になると戻り売りが待ち構えている。1万3000ドルと9500円を固められるかどうか。

ヨーロッパの信用不安は小康状態。中国の成長率鈍化も、底入れの感じが強い。世界的な株高は、金融緩和が金融相場を形成しつつあるようにも思われる。しかし当面の障害物も多い。アメリカでは”財政の崖”がいよいよ目の前に。日本でも不況を示す経済指標が次々に現れてきそうだ。

今週は10日に、7-9月期のGDP改定値、10-12月期の法人企業景気予測調査、11月の景気ウォッチャー調査。12日に、11月の企業物価、10月の第3次産業活動指数と機械受注。14日には12月の日銀短観が発表になる。アメリカでは11日に、10月の貿易統計。13日に、11月の小売り売上高と生産者物価。14日に、工業生産と消費者物価が発表される。また中国が10日に、11月の貿易統計を発表する予定。


    ≪10日の日経平均は? 予想 = 上げ≫ 

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック