9月は 忙しくなるぞ ! (上)

◇ ヨーロッパが動く = 残暑は厳しいが、間もなく9月入り。夏休みが明けて、世界経済は大きく動く気配を見せている。ユーロ経済が、一つのヤマ場を迎えることは確実だ。大統領選挙を目前にして、アメリカ経済も試練のときを迎える。日本も“政治の秋”に突入する。全体として、いい方向に進むのか、悪い方向に進むのか。それはまだ判らない。

9月初旬、EU・IMF・ECBの合同査察団がアテネに入る。ギリシャ政府が約束した2年間で115億ユーロの歳出削減策が、計画通りに実行されているかどうかを検証するためだ。実行されていないという判定が出れば、EUなどによる資金援助は停止される可能性がある。そうなればギリシャのユーロ圏離脱が、再び現実の問題として浮かび上がるだろう。すでにヨーロッパでは「9月危機説」が流れ始めている。

9月12日、ドイツの憲法裁判所はESM(ヨーロッパ安定メカニズム)が憲法違反かどうかについて判決を下す。仮に違憲の判決が出れば、EUの南ヨーロッパ諸国に対する支援政策は根底から覆ることになる。スペインの銀行に対する融資も、ECBによるイタリアやスペインの国債購入も道を閉ざされることになるだろう。ユーロ圏あるいはEU全体が危機に陥る可能性を秘めている。

同じ9月12日、オランダでは下院の選挙が実施される。いまのところ、反緊縮財政を掲げる野党の社会党が第1党をうかがう勢い。仮に社会党を中心とする内閣が成立すると、これまでドイツとともに財政再建を重視してきたオランダが、再建派から脱落する。こうした動きが、ドイツの姿勢にどんな影響を与えるのか。市場がどう反応するのか。


                                  (続きは明日)

    ≪28日の日経平均 = 下げ -52.10円≫

    ≪29日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック