議員別マニフェスト / ぜひ新聞が作成を

◇ 選挙の有効性を上げるために = 秋口の解散・総選挙が、しだいに現実味を増してきた。すでに各政党は、選挙マニフェスト作りを急いでいる。こんどは実現可能なマニフェストが期待されるが、それでも政党のマニフェストだけでは心許ない。議員のなかにはマニフェストに反対して“造反”するケースも少なくないからである。

このため有権者としては、立候補者一人ひとりについてのマニフェストが欲しい。これをぜひ新聞に作ってもらいたい。たとえば消費税、年金、原発、TPP、議員定数といった重要な問題だけでいい。候補者に聞き取り調査を行って、その姿勢を報道してもらいたい。「回答なし」という結果も、重要な参考資料になるだろう。

この調査は、残念ながらテレビには向いていない。調査はできても、結果を画面では処理し切れないからだ。新聞は何面かを使えば収容が可能だ。ただ新聞にとっても、仕事量は大きくなる。全国紙が提携して調査を分担するか、新聞協会が音頭をとって地方紙も協力するか。新しい企画が実現すれば、新聞に対する評価も上がるだろう。

いま国民の政治不信は著しい。各政党の支持率も下がっており、投票すべき政党を見いだせない有権者が増えている。このままでは選挙の投票率も、そう上がらないだろう。新聞が各立候補者のマニフェストを作成すれば、個人の政見をみて投票場に向かう人も増えるのではないか。こういう仕事も、新聞の重要な使命だと思う。


    ≪26日の日経平均 = 上げ +77.20円≫

    ≪27日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック