またチビった 政府・日銀 (下)

◇ 結局は財政赤字の増大? = 政府も日銀も、いちばん安易な政策しか打ち出せなかった。初めから力不足なことは歴然としており、すぐに追加の手段を迫られることになるだろう。たとえばアメリカは近々のうちに、金融緩和策と景気対策を発表する見込み。それで円高が進めば、また対応策が必要になる。

環境車エコポイントへの駆け込みと歴史的な猛暑の影響で、7-9月期のGDP成長率は改善する可能性が大きい。しかし、その2つの影響が消滅する10月以降の景気は悪化する。そういう事態に直面すると、さらに対策が必要になる。しかも対策の規模は、格段に大きくならざるをえない。

過去の自民党政府は、この繰り返しで財政赤字を増大させてきた。今回も「いつか来た道」になる心配は大きい。年末までに慌てて補正予算を組み、その結果は国債の増発と財政再建の先送り。こんなことが続けば、日本は遠からず沈没する。

与野党を問わず、政治家はもっと経済について勉強すべきだろう。景気の動きを正確に把握して、早め早めに対策を講じる。また景気を浮揚させる方策についても、きちんとした考え方を持ってほしい。たとえば就職を支援する政策は雇用支援であって、雇用を増大させ個人所得を増やす景気対策ではないことを、はっきり認識すべきだろう。


    ≪3日の日経平均 = 上げ +135.82円≫

    ≪4日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック