菅さん、経済政策にパンチ力を! (上)

◇ 軌道が見えない3段ロケット = 民主党の代表選挙で、菅直人氏が再選された。衆議院での議決を経て、第2次菅内閣が発足する。厳しい経済状況を乗り切るため、この新内閣は3段構えの対策を用意しているようだ。だが、この3段ロケットは連結しておらず、軌道も見えない。だから国民も、将来への不安感を捨て切れない。

経済対策の第1弾は、10日の閣議で決定した応急対策。予備費の9182億円を使って、住宅や家電のエコポイントを延長。試験的に雇用する企業への奨励金、エコ産業関連の設備投資への補助金などを創設する。老朽マンションの建て替え規制を緩和するなどの措置も盛り込んだが、なにしろ財源が少ないから景気を押し上げる力も小さい。

そこで必要となる第2弾が、年内の編成を目指す補正予算。菅首相は1-2兆円の規模で、来年度に予定する公共事業の前倒し発注などを考えているようだ。しかし今回の代表選を前にした論戦のなかでも、その具体的な構想は明らかにされなかった。景気がそれほど悪くならなければ、補正予算など組みたくないと考えているからだろう。

第3弾は、すでに6月に決定した「新成長戦略」だ。日本経済が2020年度まで平均3%の名目成長を達成するために必要な項目を、すべて洗い出した。7つの戦略分野と21の国家戦略プロジェクト。項目数は330に及ぶ。再生可能エネルギー市場を10兆円規模に、アジア向けインフラ輸出の拡大、再生医療の実用化、証券・金融・商品の総合取引所を創設ーー壮大な計画が並ぶ。だが具体化の方策や財源の問題は、全く手付かずだ。


                              (続きは明日)

    ≪14日の日経平均 = 下げ -22.51円≫

    ≪15日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sunbird
2010年09月16日 08:28

円高対策で2兆円投入して介入したという。この円高は際限なく進むわけでない事の例として、石油価格の上昇も際限なくというわけではない。

 相変わらず高止まりだが、一端峠を越した状況である。
同様に前回79円付けた辺りが峠と見られる、それ以上進んで50円なんてあり得ないと、多くの人は考える。

 介入というのはある意味すべきでないという人さえいる。
日経平均5000円っていうのは考えにくいというよりまあないだろう。(とりあえず)そんなものである。(この先長い目でないとはいえないが)

 82円で介入は無駄だったかもしれません(2兆円は米国債購入になってしまう。)それならば、財政的に産業政策で経済活発化に使った方が(大風呂敷広げて、宣伝して)した方が効果あったかもしれない。

 菅さん雇用に力入れると言っていたが、その一つは新卒採用で100万円差し上げますと言ってるそうだが、こんなん役に立つとは到底思えない。
どんな脳みその連中だろう???

この記事へのトラックバック