アメリカ経済も 急速に浮上した

アメリカ経済が、戦後最長の景気後退から脱出した。米商務省の発表によると、7-9月期のGDP(国内総生産)は前期に比べ年率で3.5%増加した。経済成長率がプラスになったのは、5四半期ぶり。景気が回復期に入ったという公式判定はまだあとになるが、これで07年12月から続いた後退期が終了したことは間違いない。

プラス成長になった原動力は、まず個人消費が3.4%増加したこと。次いで住宅投資が23.4%と23年ぶりの大幅増になったこと。そのほか輸出も14.7%増加と貢献した。このうち個人消費も住宅投資も、政府の支援策に助けられたところが大きい。CEA(経済諮問委員会)では、オバマ政府が2月に実施した総額7870億ドルの景気対策で、7-9月期のGDPは3-4ポイント引き上げられたと試算している。

この景気対策は公共事業、減税、失業者給付、それに自動車の買い替え補助、住宅の取得税減税など幅広い内容。このうち自動車の購入支援は8月に終了。また住宅減税は11月で終る予定。しかし雇用の改善は遅れており、オバマ大統領も「完全回復までは長い道のり」と述べて、住宅減税については延長する考えを示している。

経済界やウォール街では、成長率は多少落ちるにしても「10-12月期から来年1-3月期のプラス成長は確実だ」という見方が強まっている。ロイター通信も「中国とEU(ヨーロッパ連合)に続いて、アメリカもプラス成長組に入った」と報じたが、そのなかに日本の名前はなかった。その理由は不明だが、ちょっと寂しい。

    ≪2日の日経平均 = 下げ -231.79円≫    

    ≪4日の日経平均は? 予想 = 上げ

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック