今週のポイント

円相場はさらに上昇して、1ドル=80円に接近するのか。日経平均株価は9000円の大台を割り込むのか。--今週はまことに重大な2つの問題がポイントになってしまった。先週、円相場は予想もできなかったほど急騰し、一時は84円台にまで突入した。その影響もあって、日経平均は週間416円の値下がり。そのうえ週末にはドバイ・ショックの追い討ち。終り値はかろうじて9000円台を維持したが、日本経済にとっては“悪夢の一週間”だった。

為替相場の予想は当たらないことが多い。だが勇気を出して予想してみると、先週の円高はかなりオーバーシュート(行き過ぎ)気味だった。このため政治家が無用な発言をしない限り、少なくとも今週中はあまり円高が進まないのではないか。ただ大きく円安に振れる可能性は小さいから、日経平均の方は9000円台の死守がむずかしそうだ。

こうした状況に直面して、政府と日銀がどのような対応策を講じるのか。政府は各国が為替の協調介入に踏み切ることを期待しているようにみえるが、あまり頼りすぎると失敗に終ったときの反動が大きい。国内での対策についても、早急に決める必要がある。

今週は30日に、10月の鉱工業生産と住宅着工件数。1日には、11月の新車販売台数。3日には、7-9月期の法人企業統計が発表される。またアメリカでは1日に、11月の新車販売台数。4日には、11月の雇用統計が発表になる。就業者数の減少に止まる気配が出るかどうかが注目点だ。

    ≪30日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック